ワンピースに登場するセンゴク-マリンフォード頂上戦争までの海軍元帥

投稿者:

ワンピースに登場するセンゴクは海軍元帥という海軍のトップの立場になっていた人物です。
動物が好きなようでヤギをペットにしていて、度々ヤギと一緒に登場する人物で、アフロヘアーが特徴的なところになっています。
悪魔の実の能力は動物系といわれているもので、ヒトヒトの実モデル大仏で大仏のように強大化して衝撃波を放つことが出来るという能力になっています。
その力は相当なものがあると思われ、マリンフォードの戦いで七武海を前にしても全く動じることはありませんし、サカズキやクザン、ボルサリーノという三大将を従えている事を考えてもその実力はとんでもないものがあるということになるのでしょう。
元帥という事で後方に控えていることが多いので、その実力のほどはあまり分からないのですが、海軍のトップに立つにはとんでもない実力がなければなる事は出来ないはずです。
知力もとんでもないものがあり、自ら知将と名乗るぐらいですから知恵にも相当の自信があるという事なのでしょう。
元帥という立場上ほとんどの海軍の問題を決済してきたという事からもこのことには間違いなさそうです。
達筆なのか子供の頃に筆で金賞を取ったというところが描かれたことがあります。
主人公のルフィの父親のガープとは同期にあたるなかで、ともに苦労をして来たようですが、どちらかというとガープに困らされていたことが多かったようで、自由に振る舞うガープと真面目に考えようとするセンゴクとは正反対の性格だったという事になるのかもしれません。
それだけに馬が合うという事になったのかもしれない、喧嘩するほど仲がいいというような関係性にあった雰囲気があります。
ガープを叱りながらもその行動を認めている所が彼の度量の深いところを物語っています。
単なる表面だけの知恵者というわけではなく、苦労を重ねて深みがある知恵を獲得している所が彼の本当に凄いところなのかもしれません。
だからこそ三大将が従うような元帥になっているといえそうです。

「ONE PIECE(ワンピース)」のアニメ動画を高画質フルバージョンで視聴する方法

「ONE PIECE(ワンピース)」のアニメ動画を高画質フルバージョンで視聴する方法

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です