ワンピースに登場する青キジ-元海軍大将でヒエヒエの実の能力者

投稿者:

青キジことクザンは初登場時は政府直属の軍隊である海軍のなかで「大将」と呼ばれる人物でした。
海軍大将とは最高位の元帥の1つ下の階級で、最高戦力として数えられています。
クザンはそこで「青キジ」と呼ばれており、「赤犬」のサカズキと「黄申」のボルサリーノとともに三大将と呼ばれていました。
その実力は凄まじく、自然系の悪魔の実「ヒエヒエの実」による力で全身から一瞬で全てを凍らせる冷気を放つ事から「氷結人間」と呼ばれています。
本来なら悪魔の実を食べた者はカナヅチなどデメリットがありますが、彼の場合は海や水を凍らせるのでデメリットの帳消しを可能にしています。
それに加えて白ひげとの戦闘で白ひげの覇気が通用しなかったシーンもあり、現時点ではまだ詳細は不明ですが能力に頼ったわけではない人物である事は間違いありません。
そんな青キジことクザンは元々正義感が強い男でした。
ところがルフィの仲間であるロビンが関わったオハラ壊滅事件で自分が信じていた正義に悩み、抱いていた「燃え上がる正義」を捨てて「だらけきった正義」をモットーにします。
以降は性格も変わり、つかみどころのない人物になりました。
しかし一般人に危害を加える輩には容赦はなく、それどころか例え相手が海賊や犯罪者でも1人の人間として相手を尊重する信念の持ち主でもあります。
例えば粛正対象となった幼いロビンを島から逃がしたり氷漬けにしたルフィをクロコダイル討伐の礼として捕まえなかったり等です。
しかしマリンフォード頂上戦争後、クザンは政府上層部の意向によって元帥となったサカズキを認められずに真っ向から対決して、彼と10日間に及ぶ決闘をします。
結果、クザンは敗北して海軍を辞めました。
海軍を去った後は超ペンギンのキャメルと旅をしているものの、世界の実権を握ろうとする黒ひげことマーシャル・D・ティーチが率いる黒ひげ海賊団との繋がりが描写されました。
彼の正体は未だ掴めないものの、魅力的な人物である事に変わりありません。

「ONE PIECE(ワンピース)」のアニメ動画を高画質フルバージョンで視聴する方法

「ONE PIECE(ワンピース)」のアニメ動画を高画質フルバージョンで視聴する方法

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です