ワンピースに登場するロロノア・ゾロ-麦わらの一味の剣士、海賊狩りのゾロ

投稿者:

ワンピースの主人公が海賊王をめざして航海に出た後に一番最初に仲間にして、今や主人公の右腕的な存在になっている世界最強の剣豪になる事を夢見るロロノア・ゾロですが、世界最強の剣豪をめざすきっかけになった悲しい生い立ちがあります。
ワンピースのコミック内では何度も過去の回想シーンが出て来て、親や家族などは全く出てきませんが東の海(イーストブルー)のシモツキ村で幼少期に一心道場で剣術を習ってました。
ゾロは幼少期から剣術の術力が高くて、道場に通っている大人を相手に幼少期でほとんど勝利して、この頃すでに世界一の剣豪になる事を夢見ていました。
こんな道場でほとんど勝利していたゾロですが、どうしても勝てなかったのが道場主の一人娘でした。
そして彼女に勝負を挑み続ける事2001戦目で、通算2001敗目を喫した後に、彼女から悩みを打ち明けられます。
その悩みを聞いたゾロは共に世界一の剣豪を目指そうと約束して励ましましたが、その翌日に階段から転落して彼女が亡くなってしまい、その事実を知ったゾロは死んだ彼女に天国まで名声が届く剣豪になる事を誓いました。
その時に彼女が持っていた名刀一文字も彼女の形見として譲り受けました。
それからは剣の修行を兼ねて、海賊などの賞金クビを倒して行く賞金稼ぎになって、イーストブルーでは海賊狩りのゾロとして名前が知られるようになりました。
正義感が強いゾロはイーストブルーのある島を歩いている時に、その島の支配者の海軍大佐の飼うペットに食い殺されそうになっているペットを切って少女を助けますが、海軍大佐によって捕まり処刑される直前に海賊になりたての主人公に助けられて、それまで敵だった海賊になる事を誓いました。
ゾロの剣技は、主に刀1本で放つ一刀流のい合い抜き系の技や覇気を溜めて放つ技があり、両手で刀を持つ2刀流と両手と口に刀をくわえて持つ3刀流の技など多彩な技があります。
ゾロの片目を失ったのは、世界最高の剣豪で七武海の男に剣の2年間の修行をした時です。

「ONE PIECE(ワンピース)」のアニメ動画を高画質フルバージョンで視聴する方法

「ONE PIECE(ワンピース)」のアニメ動画を高画質フルバージョンで視聴する方法

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です