ワンピースに登場するニコ・ロビン-麦わらの一味の考古学者

投稿者:

ロビンの生い立ちはもとオハラの考古学者で、後に麦わら海賊団の一味に加入する、ハナハナの実を食べた悪魔の実の能力者です。
ロビンの異名は悪魔の子と呼ばれており、ハナハナの実の効果は、自分の周辺に自分の手足を出現させることで、相手に関節技を決めることができる能力があります。
体の手足を、指定した場所に咲かせることができるから、ハナハナの実と呼ばれています。
ロビンの誕生日は2月6日で、ニコとロビンの頭の数字を意味しているのです。
懸賞金はドンキホーテを討伐した後に1億3000万ベリーまで上昇しており、ロビンの元雇用主であるクロコダイルの8100万ベリーを大きく超えています。
ロビンの年齢は初登場時には28歳でしたが、現在は30歳になっています。
身長は188センチとかなりの高身長で、バストサイズもJカップとかなりグラマラスな体型をしているところが特徴です。
髪の色は黒髪で、肌の色は白色になっているいますが、原作の漫画では肌の色が褐色に表現されています。
好きな食べ物はサンドイッチと甘くないケーキとコーヒーが中心で、サンジが作ったサンドイッチは喜んで食べています。
ロビンの弱点は海で、ルフィと同様に泳ぐことができないからです。
考古学者としての才能は折り紙付きで、男の生きざまにも理解しているところから、サンジなどが死を覚悟した際にも、横から口を挟むことなく彼らの生き方を認めているところがナミとは対照的です。
ハナハナの実の能力は、自分の指定した場所に手足を出現させることができますが、これは弱点でもあり、敵に出現させた手足を攻撃されてしまうと、本人にもダメージになってしまうところから、可能な限り敵に攻撃されない場所に出現させる必要があります。
そのため、使用することができるシーンは限られており、敵が反撃したり、抵抗できないようにハナハナの実を使って手足を出現させた後は、必ず一撃で仕留めなければなりません。

「ONE PIECE(ワンピース)」のアニメ動画を高画質フルバージョンで視聴する方法

「ONE PIECE(ワンピース)」のアニメ動画を高画質フルバージョンで視聴する方法

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です