ワンピースに登場する黄猿(ボルサリーノ)-どっちつかずの正義を掲げる海軍大将

投稿者:

ワンピースに登場する黄猿は海軍の三大将の一人です。
作中やファンの間では黄猿の名前で語られる事が多いですが、これは通称であり本名は「ボルサリーノ」です。
東洋風の顔立ちとは裏腹に西洋風な名前なのが意外なポイントであり、元ネタとなったと思われる高級ブランド風のスーツをスタイリッシュに着こなしています。

ワンピースの主要キャラクターにはモデルがいる事が多く、黄猿のモデルは国民的なテレビドラマでおなじみの「田中邦衛」です。
頬のしわやたれ目、訛りが見られるしゃべり方が似ており、初登場の時にピンと来た方々もいるかもしれません。

ボルサリーノの技は自然系のピカピカの実を活用したものばかりです。
自然系は悪魔の実の中でも最上位のジャンルで、ピカピカの実は「光」の速度で移動でき、レーザービームを放射する事が出来る、反則レベルの能力です。

光の速度で攻撃と回避ができ、彼が放つレーザーは火力が現実世界のレーザー兵器を彷彿させる圧倒的な火力を誇ります。
ボルサリーノ自身の発言にある通り速さはそのまま攻撃力となり、光をブレード状にした技を使えば斬撃もでき、光の弾丸を無数に散弾銃のように乱射する技もあり、近距離から遠距離まで、どの間合いでも最強クラスの強さです。

自然系の特徴として、やはり単純な打撃や武器攻撃は通用せず、武装色の覇気をまとった攻撃でしか彼にダメージを与える事は出来ません。
しかし肝心の覇気さえも光の速度で間合いに入られたり避けられるため、具体的な攻略が今現在一切ゼロな敵キャラクターです。

三大大将はいずれもルフィ達を凌駕する実力を持っており、一人一人がラスボス級ですが、マリンフォード戦で唯一黄猿だけが無傷であったり、独特のポーカーフェイスと飄々とした言動の反面、敵対すれば元味方でも容赦なく倒します。隙が無い強さが彼の特徴ですが、恩師からは能力への依存が指摘されています。

黄猿の生い立ちは謎めいており、15年前の中将時代にタイヨウの海賊団の壊滅させる戦いに参加していた事、12年前の時期にアーロンの捕縛をした事、2年前にルフィ達一行をその圧倒的な強さで壊滅寸前にまで追い込んだ戦歴が判明している程度です。

「ONE PIECE(ワンピース)」のアニメ動画を高画質フルバージョンで視聴する方法

「ONE PIECE(ワンピース)」のアニメ動画を高画質フルバージョンで視聴する方法

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です