ワンピースに登場するジュラキュール・ミホーク-王下七武海の世界最強の剣士

投稿者:

ジュラキュール・ミホークは王下七武海の一人であり、自他ともに認める世界最強の剣士です。
鷹のような鋭い目つきをしているため「鷹の目のミホーク」という異名で呼ばれています。
初登場のシーンでは巨大な船を剣で真っ二つにし、50隻の海賊船を一人で沈めています。
また自分に向けて打たれた銃弾を剣の切っ先で受け流す芸当も見せます。
ミホークの武器は背中に指している大きな剣、黒刀「夜」です。2m近い身長のミホークよりも大きく、その大刀をミホークは軽々と振り回して敵を倒していきます。
性格は冷静で何事にも動じず、自分を世界中で最も強い剣士だと自認してはいるがそれを傘に来て自慢するようなことは一切なく、王下七武海でも一目置かれる人物です。
他人の力量を見極める能力を持ち、売られた喧嘩は買うほうですが相手の実力が乏しいと本気を出しません。
普段は小型のボート「棺船」で気ままに海をさすらっています。
四皇の一人「赤髪」のシャンクスとは伝説になるほどの死闘を繰り広げ、その強さは四皇にも匹敵すると言われています。
技名を叫んだことがなく、怪我を負った描写もないことからその強さはまだ底を見せていません。
「東の海」編で初登場し、その時ゾロと対決しています。
はじめは全力を出していないミホークでしたが、ゾロの心の強さを認め黒刀を抜き剣士として敬意を示しました。
それ以降麦わらの一味に興味を持ち、ルフィがクロコダイルを倒したあと開かれた会議には議題にルフィの名があったため参加し、会議に参加したメンバーを驚かせました。
マリンフォード頂上決戦ではルフィと交戦し圧倒しますがビスタやクロコダイルに阻まれルフィを逃がします。
終戦後住処にしているクライガナ島シッケアール王国でゾロと再会し、ゾロに2年間修行をつけました。
決戦から2年後の「新世界」編でも「世界一の大剣豪」として、王下七武海の一角として活動しています。
余談ではありますが、誕生日はライバルであるシャンクスと同じ3月9日です。

「ONE PIECE(ワンピース)」のアニメ動画を高画質フルバージョンで視聴する方法

「ONE PIECE(ワンピース)」のアニメ動画を高画質フルバージョンで視聴する方法

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です